スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
There were no stars which he could see
奇跡の2夜連続帰宅。

それが普通だッ。

オラァ(p゚ロ゚)==p)`д)グハッ

束の間の休息・・・


今日イラっとしたこと。



帰りの埼京線に乗っていた私はそりゃもう寝てた。
アレはガン寝だ。
気持ちよかった。

赤羽までは。


俺の座ってる席の隣は、かなりゆとりのあるスペース(小錦もいける)があり、誰が座ってもイッツオーライなはずだった。


赤羽までは。



赤羽でヤツはきた。

名はおっさん。見た目30代。若作りしてるおっさん。
俺の隣に勢い良く座りやがった。
まぁそれならいいんだ。
まだいいんだ。
空いてる席に座るくらい。







貴様!!








わざとこっちによって座ってきやがっただろう。

貴様。



腕とか足とかこっちにモリモリやってきやがるので、何事かと目を覚ました俺と冷戦勃発。
腕をモリモリやってきたからこっちもモリモリし返す。
足を開いてスペースとろうとしてきたからこっちも必殺貧乏ゆすり。

てめえ。

てめえのその左のスペースはなんだ!絶対嫌がらせだろ。
貴様。

でも負けねえ。
こんなヤツには負けねえ。

ひたすらコイツとモリモリ合戦をし、「お前死ねよ。」を30回くらい思いながら
このくだらない争いは池袋に到着するまで続いた。





くだらねっ!!



オラァ(p゚ロ゚)==p)`д)グハッ



死ねっ!

って久々に思った。





つーか帰りの電車の中くらい

寝かせろ!!


死ねっ!!クソ野郎!



やべっ!暴言ですか?
いや妥当な発言です。
あんなヤツはクソ野郎にも値しません。

彼を、地球の食物連鎖における最も重要ではない種類である人類の、さらにその人類の中でも最もファッキンな部類に入る「存在意義のないクソったれ」に認定する。

スポンサーサイト
【2008/12/04 02:52】 | 日常 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<There ware no people whom he could talk to | ホーム | He look up into the sky at Christmas>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://danceyourlife.blog56.fc2.com/tb.php/710-2aa191a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
COUNTDOWN


エモい。ただエモい。 Just emotional. Always, just emotional.

プロフィール

カムバックマイカブ

Author:カムバックマイカブ
今年後厄の25歳メンズ。
札幌生まれ札幌育ち。

・エモ
・ギターを弾く。
・プチ遠出。
・POOH。
・デジカメ。
・城。
・スピッツ。
・JACKASS。
・人生ってのはきっと生きているだけでいいんだろうな。
・そこには空しかなかった。
・ここをキャンプ地とする。


社会人3年を経て、ついに脱社会人に。
カメラを首からぶら下げてカブを乗り回してるいい大人になったもんだ。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

THANX !!!

今何時?

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。