スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
1151081282
セブンスターの木

さて札幌に帰ってきた私がこの20日間くらいでしてたこととはなんでしょう?

① ドカベン プロ野球編全巻読破(持っているものだけ)
② 浦安鉄筋家族全巻読破(持っているものだけ)
③ BAD BOYSと湘南純愛組とGTOの全巻読破


答えは??




はい!

これがわかった方は、かなりの俺通です。そんなやついますか?いません。
答えは、④カブに乗ってたでした!

ちなみに ①は2~3冊読んだだけ。やっぱ高校野球編を買っておけばよかった・・・
②は1~10巻までは未読
③は湘南純愛組の1~2巻と3巻の途中まで未読(鎌倉の狂犬コンビ事件前)でした。


そんなわけで、④のカブに乗ってたのお話が始まりますが、何作かのシリーズものになるので興味のない方は「戻る」ボタンを2回クリック!!



●6月24日

09:00 札幌を出発。天候にも恵まれ、まずはR12をひたすら北上!!


10:50 スタートから52キロ地点(R12):美唄町のロングストレートで休憩。さっそくTHE 北海道という景色が広がります。

美唄町のロングストレート! もちろん線路も一直線。


11:20 スタートから61キロ地点(R12):コンビニで小休憩。日本一長い直線道路にイン!全長約30キロ!車がなければ寝てても走れます!!


12:45 スタートから109キロ地点(R12):深川市内で給油。多少交通量が多めも、ここまで順調!


13:30 スタートから138キロ地点(R12):旭川に到着!昼飯はもちろん旭川ラーメン。うめっ。
今日は名寄あたりで1泊と考えていたが、時間もあるし、天気が良すぎるので美瑛の丘を見に行くことに。R237→R452に抜け、パッチワークの路という道にイン。

そこには・・・


14:40 スタートから156キロ地点:美瑛の丘着。ヤバい。想像以上にハンパないビューにヤられまくる。とりあえず「やべー」と「すげー」を交互に連呼するしかないメンズ2人。ボキャブラリーのなさにエモを感じる。

美瑛の丘1 美瑛の丘2

とりあえずどこまでも続く丘。
すばらしい青空。ちょうどいい感じに空を漂う白い雲。
遠くに見える大雪の山々。
人間はなぜこんなにも無力なんだああああああ!!!と叫ばずにはいられないのであった。


そしてテンションがMAXを振り切った俺は、新潟で購入した相棒をついに解放するときがきた!!

相棒1 相棒2

彼の名はそう、V3!!

これから俺は彼とともに走ることを固く心に決めたのだ。
ちなみに彼はマイカブのどこにいるかというと






V3の指定席






ここ、ですね。



常に僕の左手付近にいます。
この頃からV3越しの風景というものにハマり出す。

しかしこのV3、目立っていてかっこいいんだが、スピードを出して走っていると風でどんどん体が反ってしまうんですよね。エビ半歩手前。走行中、風にあおられている彼をそっと左手で直してあげるのが、ツーリング中のひとつの楽しみとなっていくのです。


17:15 スタートから213キロ地点(R40):美瑛から名寄に行く途中、尿休憩。つーかただの道端。道端選手権開催。


18:35 スタートから264キロ地点:名寄到着。コンビニで休憩しつつ、宿を探す。


19:15 スタートから265キロ地点:本日の宿着。お疲れ様でした。

また明日・・・



●6月25日

08:30 名寄の宿を出発。


08:50 スタートから279キロ地点(R40):美深町で給油。ひたすらR40!


10:00 スタートから341キロ地点(道道119号):中川町辺りでマイカブの左ウィンカー死亡!!ゴム君に見てもらうも、原因わからず。この日から左折のときは手で合図。


11:00 スタートから371キロ地点(R232):天塩町辺りでガビッジの見える牧場発見!!小休憩。

ガビッジの見える牧場。

ようやく出ました日本海。R232は海沿いを走っているので気持ちいい!!
交通量も少ないし、順調に北上を続けます。


11:20 スタートから379キロ地点(R232):道の駅手塩で昼休憩。食った海鮮系の丼ものが量も多くてクソ美味かったんだが、何丼を食ったか覚えておらず。。。
ここから待望の道道106号へ!!!


12:20 スタートから411キロ地点(道道106号):すばらしい!すばらしい!すばらしい!世の中に「すばらしい」を超える言葉があったら教えてほしい。ついに来た道道106号!

道道106号のガビッジ群 どこまでも続く直線! 遠くに利尻富士を望む。

サロベツ原野を右手に、日本海を左手に!海の向こうには利尻富士を拝み、道の果ては地平線と一体になっていて、電柱もガードレールもない、あるのは「エモ」という言葉のみ!!!

もう完全にアイラブ北海道。
まさに北海道でしか味わえないこの素晴らしさ。
日本を「狭い、小さい」などという者に、まずはこの景色を見てから言えと言いたい。

この道道106号は、今回の旅でかなり楽しみにしていた場所の一つだったので、それはそれはもう満足しましたとさ。


fin.













「fin.」じゃねえええええええ!!!



この頃から「ヒーハー(お試かっの小杉風)」を連呼しだす。


14:15 スタートから435キロ地点(道道121号):幌延町のトナカイ牧場着。
道道106号からサロベツ原野を通り(実際はここでも小休憩してる。景色がすごすぎて、道道84号→121と抜ければ着きます。

トナカイがいたー!!

トナカイ

彼らは普段日陰にいるのに、人間が近づいてくると「人間=エサくれる」と思ってて、金網の間から口を出してくるとてもイヤらしい動物です。
そんでもってエサを手のひらに乗せ手を差し出すと、彼らはまるで愛撫するように手のひらごとベロンベロンなめてエサを食べてきます。


15:00 スタートから448キロ地点:豊富町で給油。ここからまたR40に戻り、稚内を目指す!


15:15 スタートから456キロ地点:宮の台展望台着。クッソ絶景!!サロベツ原野越しに見える日本海と利尻富士の素晴らしさ。

宮ノ台展望台からのエモすぎる景色


16:35 スタートから501キロ地点(R238):ついに稚内市突入!海越しの利尻富士を臨みながら、一休憩。

ゴム君越しの利尻富士


17:00 スタートから514キロ地点(R238):そして最果て宗谷岬着!日本最北端!果て中の果て!

果ての果て宗谷岬

そして宗谷丘陵のガビッジ群に完全にヤられてしまう。

海の見える宗谷丘陵 宗谷丘陵のガビッジ群!

もうエモ以外の言葉は出ず、ただただ叫んでるメンズ2人。
時間帯もちょうど夕焼けのときですげー良かった!!

エモとは何なのか・・・という問いがあれば、即座にここにいくべきだ。
そこにはすべてがある。


19:40 スタートから552キロ地点:本日の宿着。風呂が暑すぎた。初めてライダーハウスを経験する!



という感じで稚内まで来ちまった2人!
いったいこれからどこまで行くのか??
向かう先は何なのか??

次回、感動の第2話!
「朝からBBAの大群に囲まれた2人が見たものとは!?」


たぶん続く!!!




スポンサーサイト
【2009/07/16 00:01】 | ICU & IGU | トラックバック(0) | コメント(0)
<<鎌田純 | ホーム | JENNY IS DEAD>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://danceyourlife.blog56.fc2.com/tb.php/780-a9e29663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
COUNTDOWN


エモい。ただエモい。 Just emotional. Always, just emotional.

プロフィール

カムバックマイカブ

Author:カムバックマイカブ
今年後厄の25歳メンズ。
札幌生まれ札幌育ち。

・エモ
・ギターを弾く。
・プチ遠出。
・POOH。
・デジカメ。
・城。
・スピッツ。
・JACKASS。
・人生ってのはきっと生きているだけでいいんだろうな。
・そこには空しかなかった。
・ここをキャンプ地とする。


社会人3年を経て、ついに脱社会人に。
カメラを首からぶら下げてカブを乗り回してるいい大人になったもんだ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

THANX !!!

今何時?

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。